人気の取引所(登録無料)

Ginco(ギンコ)仮想通貨ウォレットの特徴と使い方

 

コインチェックのNEM流出事件でもあったように、仮想通貨はしっかりとしたセキュリティの元、保管をしていないと簡単に失うことになります。

 

今回、ご紹介するGinco(ギンコ)は、ユーザの端末にしか資産へのアクセス権を置かないクライアント型方式のウォレットです。
簡単に言うと、その人のスマホからでないとログインできないということです。

 

それは、どんな端末なの?と思うかもしれませんが、Ginco(ギンコ)はアプリです!

 

使いやすさを追求していて、感覚で操作ができるというのもGinco(ギンコ)の一つの特徴です。

 

※現在、Ginco(ギンコ)では、iPhone版のみをリリースしていて、今後の展開として、GooglePlay版もリリース予定となっています。

 

クライアント型ウォレットとは

秘密鍵と呼ばれる、ご利用者様一人ひとりに割り当てられる資産の認証コードを、開発会社のサーバ内にて集中的に保存しないタイプのウォレットのことです。すなわち、資産を完全にコントロールする権利を、ウォレットの開発会社でなく、ご自身の手元で管理することができます。

 

クライアント型ウォレットは、集中型ウォレットやウェブウォレットと異なり、外部からのハッキング等によって資産を失うリスクが低いのが特徴です。そのためご利用者様は仮想通貨を安全に管理することができます。

 

また、クライアント型ウォレットではご利用者様同士で直接送金を行うことができるため、取引所等から送金を行うよりもスムーズかつ安全に行うことができるのも大きな特徴です。
Gincoが提供しているウォレットは、この「クライアント型ウォレット」に区分されます。

Ginco(ギンコ)とは何か?登録方法、取り扱い通貨

株式会社Ginco(ギンコ)からリリースされた仮想通貨Wallet「Ginco」について解説します。特徴や使い方、登録方法など、これから利用したい方が知りたい情報を掲載しているので、ぜひ参考にして下さい。

 

Gincoって何?

Gincoは仮想通貨のモバイルWalletで、スマートフォンアプリによって仮想通貨の管理が出来る点が特徴の1つとして挙げられます。

 

ユーザーの端末からしかアクセス出来ない「クライアント型Wallet」なので、オンラインの状態で仮想通貨を管理するウェブWalletと比べて安全性が非常に高いと言えるでしょう。

 

また、パソコンが必要ないため、ビギナーの方でも手軽に利用しやすい点も特徴の1つです。更にGincoは、ユーザー間で直接仮想通貨の送入金も可能です。

 

ダイレクトで分かりやすい送金システムを採用しているので、取引所を経由する必要もありません。

 

Gincoは今後、Wallet以外にもデビットカードとしての利用も計画されており、スマートフォンWalletの先駆けとして注目を集めており、日本経済新聞等の大手メディアでも取り上げられています。

 

Gincoをリリースした株式会社Gincoは、仮想通貨に関する著書も出版している森川夢祐斗が代表取締役を務めています。

 

Gincoの使い方

Gincoの使い方は至ってシンプルで、インターフェイスも非常に綺麗で見やすく、説明書は必要ありません。

 

上述したように、Gincoでは仮想通貨の送入金が可能です。
それぞれの方法は以下の通りです。

 

@送金の場合

アプリを開き、「送金する」をタップします。
次に送金アドレスの入力に移ります。

 

送金先のQRコードを読み取るか、アドレスをコピーして「アドレスの貼り付け」でペーストするかを選択出来ます。

 

また「入力画面を開く」をタップして、直接手入力することも可能です。
このように、送金アドレスの入力1つにとっても非常に多くの選択肢が用意されており、そのどれもが使いやすく操作性に優れています。

 

A入金の場合

アプリのトップ画面にある「受け取る」をタップし、表示されたQRコード(入金アドレス)を他のユーザーに読み込んで入金してもらいます。

 

画面上に大きく入金アドレスとQRコードが表示されるので、操作に迷う心配がほとんどありません。

 

Bセキュリティ設定

Gincoのセキュリティ設定画面では、アプリ起動時の暗証番号設定、Touch IDの設定が可能です。
よりWalletの安全性を高めるために、設定出来る方は設定しておきましょう。

 

そして必ず、「バックアップキー」の作成をしておきます。
スマートフォンの機種変更やバグ、紛失した場合などにバックアップキーがないと、Wallet内の仮想通貨を失う可能性がありますので、必ずバックアップの作成はしておきましょう。

 

ちなみにバックアップキーの記録は、紙とペンを利用してアナログな方法で保管することが推奨されています。
スクリーンショットでバックアップキーの画面を撮影しようとすると、「スクリーンショット禁止」という表示がされるようになっています。

 

バックアップキーは、確実にオフラインな場所で保管しておくことが安全性を高めるということですね。

 

Gincoの登録方法

iOS版は「Apple Store」から、Android版は「Google Play」からアプリをダウンロードします。
※現在、Ginco(ギンコ)では、iPhone版のみをリリースしていて、今後の展開として、GooglePlay版もリリース予定となっています。

 

アプリのインストールが完了したら「今すぐ始める」をタップし、6ケタの暗証番号とユーザー名を登録します。

 

利用規約の内容を確認し、チェックを入れて「Gincoを始める」をタップすれば登録完了です。
あらかじめ暗証番号とユーザー名を決めておけば、アプリを開いてから登録完了まで1分もかかりません。

 

Gincoの取扱い通貨

Gincoは、イーサリアムを始めとする11種類の仮想通貨に対応しています。

 

・イーサリアム(ETH)
・イオス(EOS)
・トロン(TRX)
・オミセゴー(OMG)
・ディジックスダオ(DGD)
・ステータス(SNT)
・オーガー(REP)
・ジリカ(ZIL)
・ゼロエックス(ZRX)
・カイバ―ネットワーク(KNC)
・ディセントラランド(MANA)

 

※現在はイーサリアムベースの仮想通貨を取り扱っていますが、今後ビットコイン・リップルなどの仮想通貨も順次対応していくことが公式に発表されています。(予定では2018年4月)