QUOINEXの特徴と買い方

QUOINEX
https://ja.quoinex.com/

 

QUOINEXの口座開設方法

QUOINEXの公式ページの左側に、「口座開設」のボタンがあるので、そちらをクリックします。
公式サイトにも記述があるように、最短5分で申し込みが完了する手軽さが魅力です。

 

口座開設の画面に移動すると、居住国の選択を行います。
ここで日本を選択すると、日本の法律に基づいて、QUOINEXのサービスが利用できるようになります。

 

個人口座か法人口座かを選択し、登録用のメールアドレスを入力します。
その後、生年月日や住所など、細かい情報を入力していきます。
入力する項目にある「年収」ですが、「30万円未満」を選択すると、口座開設の審査に取らない可能性があります。
あくまで可能性ですので、100%ではありません。
そして、審査に通りにくいからといって、虚偽の情報を入力してはいけません。

 

登録が完了すると、登録したメールアドレスに認証用のメールが届きます。
英語のメールなので、利用者によっては迷惑メール扱いされてしまう可能性があるので、メールがなかなか届かないという場合は、迷惑メールのフォルダもしっかり確認してください。

 

本人確認書類を提出すると、QUOINEXによる審査が1〜2営業日で終了し、審査に通ることができれば取引が開始できます。

 

QUOINEXの買い方

口座が開設できたら、2段階認証のセキュリティ設定と入金先口座の登録を行います。
QUOINEXの仮想通貨の購入は、取引画面の上にある「ダッシュボード」をクリックして、注文パネルから取引する通過ペアを選択します。

 

成行注文、指値注文など方法を選択し、レートと売買する数量を指定すれば、購入もしくは売却することが可能です。

 

もちろん、QUOINEX独自の仮想通貨トークンである「QASH」も、同じ取引画面から取引することが加安納です。

 

その他のQUOINEXの使い方

QUOINEXのトレードツールでは、「ダッシュボード」にあるパネルの配置を、自分使いやすいように自由にカスタマイズできます。

 

例えば、QASHの売買を常にスムーズに行いたい方は、注文パネルのすぐ横にQASH円の板情報を表示させ、「ウォッチリスト」にQASHを入れておくことで、取引もチェックもすぐできるような状態になります。

 

またQUOINEXでは、購入したい金額だけを入力して、早いテンポで注文を出すことができる「スピード注文」も利用できます。
通貨ペアを選択し金額を入力すると、その金額で購入できる通貨がどれくらいの数量なのかすぐに表示されるので、約定までのスピードも早く取引できるでしょう。

 

QUOINEX

ビットコイン取引所比較表

日本の主要取引所一覧
取引所名 日本円出金手数料 ビットコイン出金手数料 詳細
GMOコイン 無料 無料 詳細
ビットフライヤー 216円〜756円 なし 詳細
コインチェック 400円〜756円 0.0005btc 詳細
bitbank 324円 0.0005btc 詳細
zaif 350円〜756円 0.0002btc 詳細
BTCBOX 0.5%(最低400円) 0.001btc 詳細
みんなのビットコイン 500円 無料 詳細
QUOINEX 500円 無料 詳細