人気の取引所(登録無料)

リップルとイーサリアムの特徴、用途、機能、将来性

Q.リップルとイーサリアムの違いは?どっちを購入するべき?


リップルとイーサリアムは、どちらも次世代の仮想通貨として非常に注目を集めています。リップルとイーサリアムを比較し、どちらを購入するべきなのでしょうか。

 

リップルの特徴、用途、機能、将来性

リップルの特徴は?

リップルは仮想通貨の時価総額ランキング第3位の仮想通貨です。
これまでの仮想通貨は主に「決済方法」として利用されてきましたが、リップルは「送金システム」としても利用されている点が大きな特徴です。

 

また、“リップル”には「会社名」、「送金システム」、「仮想通貨」という3つの意味合いがあります。
リップルの開発・運営を行う「Ripple社」、送金システムのプラットフォームである「リップルネット」、そして仮想通貨リップル(XRP)です。
XRPは、リップルネットという送金システムの中で利用されるコインのことを指しています。

≫リップルの購入方法、リップルを購入できる取引所は?

リップルの用途とは?

リップルは、リップルのネットワーク上で取引ができる仮想通貨で、従来の送金システムのコストの高さやスピードの遅さが改善された、新しいシステムです。

 

従来の銀行の送金システムでは、各銀行の台帳で別々に送金・入金のデータが管理されていました。
そのためデータの共有や取引の際に時間がかかったり、余計な手数料も発生していました。

 

銀行がリップルネットを導入することによって、各銀行の台帳を繋ぐことが可能になり、取引スピードの向上とコストの削減にも繋がります。

 

また送受信データには透明性があり、各銀行がリアルタイムで内容を確認出来るので安全性も高いです。

≫リップルの購入方法、リップルを購入できる取引所は?

リップルの機能とは?

リップルは、リップルネットという送金システムにより、他の仮想通貨や法定通貨と交換する機能があります。

 

例えば、日本円をアメリカに送金しようとする場合は間に別の銀行を介さないといけませんが、XRPを利用すればその必要はありません。

 

リップルネットを介して日本円をアメリカに送金する場合、日本円は1度XRPに変換され、直接アメリカの銀行に送金されます。

 

アメリカの銀行はリップルネットを介してXRPを受け取り、銀行でXRPを米ドルに両替するのです。

 

銀行を間に介さないので手数料が安く、尚且つスピーディな送金が可能になります。
「通貨同士の橋渡しになる」という意味で、XRPは「ブリッジ通貨」とも呼ばれています。

≫リップルの購入方法、リップルを購入できる取引所は?

リップルの今後の予想、将来性は?

Ripple社は日本にも展開しており、「SBI Ripple Asia」を運営しています。

 

SBI Ripple Asiaがスタートさせた「内為替一元化コンソーシアム」という取り組みでは、リップルネットを利用した24時間対応のリアルタイム決済や、送金における様々なコストの削減を目指しています。

 

この取り組みにはすでに61行もの国内銀行が参加しており、これからリップルが革新的な送金システムとして一般的なものになることが十分に予想されます。

 

またリップルにはGoogle、Microsoft、Appleなど数多くの大企業が出資しており、そのことからも企業からの期待も高いと言えるでしょう。

≫リップルの購入方法、リップルを購入できる取引所は?

イーサリアムの特徴、用途、機能、将来性

イーサリアムの特徴は?

イーサリアムは、仮想通貨の時価総額ランキング第2位(2018年4月3日現在)の仮想通貨です。

 

1番の特徴は、ブロックチェーンシステムに「スマートコントラクト」が採用されている点です。
スマートコントラクトは送受信のデータだけでなく、契約内容も自動でブロック上に記録出来る画期的なシステムです。

 

承認システムには「Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)」が採用されており、従来のマイニングで問題視されていたマイニング成功者の偏りも改善されています。
また発行枚数に上限がないのも大きな特徴の1つです。

≫イーサリアムを購入できる取引所は?購入方法は?

イーサリアムの用途とは?

イーサリアムは、企業が事業の効率化を図るための「プラットフォーム」として利用されることが多いです。

 

国内の大手電子通信事業者「KDDI」では、スマートコントラクトを利用して事業の効率化が可能かどうか、実証実験が行われています。
具体的には携帯電話の申し込み、修理の受付などにおいて実験され、十分に導入出来るだけの可能性は検証されているようです。

 

またYahoo!オークションの出品代行を行う「ショップアイランド」など、決済方法として利用出来るサイトや店舗も着々と増えています。

≫イーサリアムを購入できる取引所は?購入方法は?

イーサリアムの機能とは?

イーサリアムの主な機能である「スマートコントラクト」は、様々な事業に取り入れることで作業の効率化を図る事が出来ます。

 

例えば賃貸物件の契約をする場合、契約者は賃貸サービスの会社だけでなく、賃貸の管理会社とも契約を結ばなくてはいけません。

 

また契約の際には、自分の氏名や住所などの個人情報を記述したり、判を押したりと1つずつプロセスを踏んでいかなければいけません。

 

スマートコントラクトは、イーサリアムを送信・受信するだけで契約情報まで記録されるので、書類の記述や押印が不要になります。

 

もっと言えば、賃貸サービスの会社を介する必要もなく、契約者と管理会社のやり取りだけで契約が成立してしまうというのがスマートコントラクトの持つ利便性です。

≫イーサリアムを購入できる取引所は?購入方法は?

イーサリアムの今後の予想、将来性は?

イーサリアムは2017年、企業向けのプラットフォームである「EEA(エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス)」を発表しました。

 

事業の効率化を図るために、MicrosoftやIntel、JPモルガンなど世界的に有名な企業がEEAに参加し大きな注目を集めた事も記憶に新しいと思います。
従ってイーサリアムもリップルと同じく、非常に大きな期待を企業から寄せられています。

 

国内の企業においても、三菱東京UFJ銀行やトヨタ自動車など数多くの企業がプラットフォームとしてイーサリアムの導入を公表しています。

 

イーサリアムは将来性が高く、これからも価格が上昇していくことが確実視されている仮想通貨の1つと言えるでしょう。

≫イーサリアムを購入できる取引所は?購入方法は?

迷ったら、リップルとイーサリアムに分散投資!

リップルとイーサリアムを分散投資すると良い理由は?

結論を言うと、リップルとイーサリアムに分散投資するのが1番良いでしょう。

 

理由としては、リップルは送金システムとして、イーサリアムは企業向けプラットフォームとしての将来性が非常に高いことが挙げられます。

 

またリップルは国内最大手の仮想通貨取引所「bitFlyer」での上場が噂され、イーサリアムはインドの3大取引所の1つ「Zabpay」での上場を開始しています。

 

様々な企業や銀行で採用されることが予想されるということに加え、リップルとイーサリアムを取引出来る取引所も着々と増加していくことも考えられます。

 

そして企業や銀行がリップル、イーサリアムを導入して明確な実績を残せば、仮想通貨自体が我々の生活にもっと根付くことでしょう。

 

この2種類に分散投資をするということは、これからの仮想通貨業界を引っ張る2大巨頭に分散投資することだと言っても過言では有りません。

リップルとイーサリアムの両方が購入できる取引所

リップルとイーサリアムの購入方法@ GMOコイン

GMOコインは、非常に分かりやすい手数料の体型が特徴です。
口座開設手数料・維持手数料、入出金手数料(円)、入出金手数料(ビットコイン)、仮想通貨の現物売買手数料、仮想通貨FXの取引手数料、すべてが無料です。
金融庁に認可されている、信頼性も非常に高い取引所です。

 

GMOコイン
https://coin.z.com/

 

リップルとイーサリアムを購入するには、まずGMOコインでアカウントを作成する必要があります。
GMOコインのアカウントで本人確認が終了したら、次に入金を行います。

 

会員ページの「仮想通貨売買」をクリックし、売買画面にある「XRP」がリップル、「ETH」がイーサリアムですので、金額と数量を入力すれば、あとは購入ボタンを押すだけです。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

リップルの購入方法A QUOINEX(コインエクスチェンジ)

QUOINEX(コインエクスチェンジ)は、日本を本拠地に、シンガポール、ベトナムに拠点を構えるアジア最大級の仮想通貨取引所です。QUOINE社が運営をしていて、2017年9月に、日本で初となる金融庁の認可を得た取引所です。

 

QUOINEX(コインエクスチェンジ)
https://ja.quoinex.com/

 

100%コールドウォレット、マルチシグ対応、出コインアドレスのホワイトリスト化、プライベートサーバー、二段階認証の必須、API出金の禁止、コールドウォレットに対応しない通貨の取り扱いを禁止など、盤石のセキュリティが特徴です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

どちらの取引所もメリットがありますので、「GMOコイン」と、「QUOINEX」の両方の取引所を実際に操作してみるのが良いと思います。

 

特に「GMOコイン」は、口座開設手数料・維持手数料、入出金手数料(円)、入出金手数料(ビットコイン)、仮想通貨の現物売買手数料、仮想通貨FXの取引手数料、すべてが無料なので安くリップルとイーサリアムを手に入れることができます。

日本円、ビットコイン出金手数料

取引所名 日本円出金手数料 ビットコイン出金手数料 詳細
GMOコイン 無料 無料 詳細
ビットトレード 648円 0.001btc 詳細
ビットフライヤー 216円〜756円 なし 詳細
bitbank 324円 0.0005btc 詳細
zaif 350円〜756円 0.0002btc 詳細
BTCBOX 0.5%(最低400円) 0.001btc 詳細
QUOINEX 500円 無料 詳細

取扱い通貨、及び手数料等

取引所 取扱通貨 取引手数料 レバレッジ 詳細
GMOコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・リップル

無料 5倍・10倍のいずれか 詳細
ビットトレード ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・リップル
・モナコイン

0.2%〜 できません 詳細
ビットフライヤー ・ビットコイン

・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナーコイン
・リスク

無料 最大15倍 詳細
ビットバンク(取引所) ・ビットコイン

・ライトコイン
・リップル
・イーサリアム
・モナコイン
・ビットコインキャッシュ

詳細
ビットバンクトレード ・ビットコイン 0.01% 最大20倍 詳細
QUOINEX ・ビットコイン

・リップル
・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・QASH

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
DMMビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・リップル
・ライトコイン
・イーサリアムクラシック
・ビットコインキャッシュ

無料 最大5倍 詳細
ザイフ ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・モナーコイン
・ビットコインキャッシュ

0.7% 最大7.77倍 詳細
ビットポイント ・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム
・ライトコイン
・リップル

無料 最大25倍 詳細

登録仮想通貨交換業者一覧(登録業者)

※仮想通貨は、法定通貨ではありません。また、価格変動がございます。

取引所 取扱通貨 登録番号 登録年月日 詳細
GMOコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・リップル

関東財務局長

第00006号

平成29年9月29日 詳細
ビットフライヤー ・ビットコイン

・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナーコイン
・リスク

関東財務局長

第00003号

平成29年9月29日 詳細
ビットバンク(取引所) ・ビットコイン

・ライトコイン
・リップル
・イーサリアム
・モナコイン
・ビットコインキャッシュ

関東財務局長

第00004号

平成29年9月29日 詳細
ビットバンクトレード ・ビットコイン 関東財務局長

第00004号

平成29年9月29日 詳細
QUOINEX ・ビットコイン

・リップル
・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・QASH

関東財務局長

第00002号

平成29年9月29日 詳細
DMMビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・リップル
・ライトコイン
・イーサリアムクラシック
・ビットコインキャッシュ

関東財務局長

第00010号

平成29年12月1日 詳細
Zaif(ザイフ) ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・モナーコイン
・ビットコインキャッシュ

近畿財務局長

第00002号

平成29年9月29日 詳細
ビットポイント ・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム
・ライトコイン
・リップル

関東財務局長

第00009号

平成29年9月29日 詳細
ビットトレード ・ビットコイン)

・イーサリアム
・リップル
・ライトコイン
・モナコイン
・ビットコインキャッシュ

関東財務局長

第00007号

平成29年9月29日 詳細

 

その他の登録業者
・マネーパートナーズ(取引所準備中)
・ビットアルゴ取引所東京(取引所準備中)
・Xtheta(シータ)
・SBIバーチャル・カレンシーズ
・Bitgate
・BIT OCEAN
・FISCO