人気の取引所(登録無料)

マネックスクリプトバンク(仮想通貨取引所)の特徴、手数料と買い方

マネックスクリプトバンクとは?

マネックスクリプトバンクは、2017年12月に大手証券会社のマネックス証券を運営する「マネックスグループ」によって設立されました。

 

詳しい会社の概要は明らかになっていませんが、おそらくマネックスグループが、仮想通貨業界に参入するための取引所を運営する会社ではないかと言われています。

 

マネックスグループの公式サイトでは、マネックスクリプトバンクの求人募集を行っています。
そこで公表されている事業内容には、「仮想通貨ビジネスカスタマーサポート」や「仮想通貨ビジネス経理財務」といった記述があります。

 

このことからマネックスクリプトバンクは、ユーザーの募集に向けての体制を整えている最中であることが窺えます。

 

マネックスグループのCEOである松本大氏は、「ブロックチェーンが金融業界やIT業界に与える効果は大きい」と述べています。

 

また「ある程度の知名度がある企業が仮想通貨業界に参入することで、仮想通貨自体の普及に貢献出来る」とも発言しています。
従って、マネックスグループの仮想通貨業界参入には、仮想通貨自体の可能性をもっと広げたいという意図も垣間見えます。

 

2018年3月までの口座開設を目指していましたが、2018年4月現在まだユーザーの募集はスタートしていません。
ただ、金融庁の認可が下り次第、募集を開始させることはCEOによって公言されていますので、4〜5月頃には開始することが予測されています。

 

マネックスグループがどのように仮想通貨業界を変えるのか注目ですね。