人気の取引所(登録無料)

SBIバーチャル・カレンシーズの特長、手数料と買い方

SBIバーチャル・カレンシーズとは?

SBIバーチャル・カレンシーズは、幅広い金融関連サービスを提供している「SBIグループ」が運営する仮想通貨取引所です。
正確に言うと、中間持株企業の「SBIクリプトカレンシーホールディングス」の傘下がSBIバーチャル・カレンシーズに当たります。

 

2017年9月に仮想通貨交換業者として登録され、2018年の夏には口座開設が可能になる見込みです。

 

SBIバーチャル・カレンシーズは、リップルを取り扱うことをすでに公表しています。
これは、SBIグループがリップルの運営・管理を行う「Ripple社」と共同設立した「Ripple Asia」の存在が大きく関係しているからでしょう。

 

その他には、ビットコインやイーサリアムを取り扱うのではないかと予想されています。

 

その他にも、SBIホールディングスが発行する「Sコイン」も取り扱われる予定です。
Sコインは、法定通貨に変わる新たな決済方法としての普及を目的としています。

 

独自の決済プラットフォームを利用して、対応店舗のコストも削減するという画期的な取り組みが進められているようです。

 

Sコインが一般公開されるのは、SBIバーチャル・カレンシーズの社員による導入実験が完了後となっています。

 

SBIクリプトカレンシーホールディングス傘下の企業は、SBIバーチャル・カレンシーだけではありません。
ICOのコンサルティング企業やマイニング企業なども設立されており、仮想通貨業界にベクトルを向けた事業展開はさらに加速しそうな予感です。