bitbankの特徴と買い方

bitbankの特徴

bitbankは2014年に設立された仮想通貨取引所です。最短2分で口座を開くことが可能であり、メールアドレスや電話番号を登録すれば取引ができます。取引手数料は0.1%以下で、一般の顧客が購入できるのはビットコインです。中国のビットコイン取引所OKcoinと提携しているため、クレジットカードによってビットコインを買うこともできます。

 

bitbankは、ビットコインの買い方などを簡単に覚えることができるように初心者向けのガイダンスが充実しています。それに加え、他の仮想通貨取引所にはない投資家向けのサービスが充実しており、ビットコインで先物取引やFXに挑戦することも可能です。その場合、ビットコインを保有していない顧客は現物によってビットコインを購入する必要があります。

 

bitbankは年中無休であり、土日祝関係なく24時間取引可能なため、忙しい現代人でも利用しやすいです。スマートフォンにも対応しているのも特徴のひとつです。主なサービスとしては、ビットコインの売買や送金、受取ができるbitbank Wallet、レバレッジ最大20倍の取引が可能なbitbank Trade、ビットコインでいろんな料金を支払うことができる決済サービスbitbank PAY、そしてビットコイン関連のニュースサイトであるBTCNなどがあります。

 

BTCNはbitbankが運営・更新しているニュースサイトであり、ビットコイン関連のニュースや相場、トピックス、インタビューやビットコインの買い方についての解説、イベントなど多くの情報を掲載しています。毎日取引しない人でもBTCNをチェックすることで、投資への意識が高まるでしょう。

 

bitbankなら追証なしで、レバレッジ最大20倍の取引が可能

bitbankでは、レバレッジ20倍という非常に高い倍率で先物取引をすることができます。さらにレバレッジを利用する際に追証は求められません。これは今までにないものであり、多くの顧客に支持されている理由になっています。先物取引ができるFXは、国内仮想通貨取引所ではbitbankのみが提供しているサービスです。そのため、FXで増資したいのであれば、bitbankで取引をするとよいでしょう。

 

「追証」とは何かを紹介します。通常の先物取引では、「証拠金」と呼ばれるお金をあらかじめ取引口座に入金しないと取引を開始できません。負け続けると証拠金は少なくなり、一定の率を下回ると、追証といって、新しく証拠金を入金することを取引所から求められます。しかしbitbankは追証がないため、資金力が弱い投資家でも気軽にレバレッジを試すことが可能です。

 

bitbankの1日あたりの平均ボラティリティは600pips以上であり、日によっては30ドル(3000pips)動きます。そして追証なしとは言っても、維持率が20%を下回ると、自動的にロスカット(決済注文)となります。このようにこの取引所では追証なしと言っても、むやみに危険な賭けに出ない工夫が凝らされています。

 

bitbankのその他の便利なサービスについて

bitbankでは少額取引も歓迎していて、1,000円から始めることが可能です。しかし少額取引であっても、顧客が操作する取引画面は本格的なもので、最大13種類のテクニカル指標の描画が可能であり、取引内容を分析できます。現在の状況を見ることができるリアルタイムチャート機能も備えています。またこちらでの取引は、日本円だけではなく、米ドルでの決済も可能です。

 

投機的な内容の取引サービスばかりを充実させているのではなく、bitbankでは顧客に安全にビットコイン売買をしてもらいたいという気持ちから、顧客のビットコイン資産や円資産の管理を徹底して行っています。オフラインのコールドウォレットによりビットコインをインターネットから切り離して保管し、分別資産管理を図っています。また、最新技術である資産管理を取り入れることで、取引所内部の犯罪も未然に防止しています。