ビットフライヤーの特徴と買い方

ビットフライヤー
https://bitflyer.jp/

 

bitFlyer(ビットフライヤー)とは何か?

ビットフライヤー(bitFlyer)とは、2014年1月に設立された東京の仮想通貨取引所です。
ビットフライヤーはリクルートやGMO、三菱UFJキャピタル、電通デジタルホールディングスなど、日本を代表する大企業から億単位の資金調達を受けています。日本国内の仮想通貨関連サービス企業においてかなり規模の大きな、成長が見込める企業であるといえます。しかし、これだけでは国内初の仮想通貨ビットコインの販売所であるビットフライヤーが何なのかわからないでしょう。ビットフライヤーで取り扱っている通貨はビットコインとイーサリアムであり、これらは地球上の仮想通貨のなかでもっとも流通している量が多い上位2通貨です。特にビットコインは、地球上で600あるといわれる仮想通貨のなかで圧倒的な流通量を誇っています。

 

仮想通貨はほとんどの日本人にはなじみの薄いものですが、北米ではすでにネット通販大手が決済の方法として採用しています。ビットコインが決済手段として人気を博している要因としては、従来のクレジットカードに比較して手数料が圧倒的に安いことがあります。普通のクレジットカードであれば3〜5%の手数料が、ビットコインで決済すれば1%で済むことが大きな魅力といわれています。

 

ビットコインを買うことのメリットについて

ビットコインは「決済手段」として買われているだけではなく、「投資対象」にもなります。法定通貨(日本円や米ドルなど、各国の中央銀行が発行している通貨)とは事情が大きく異なり、ビットコインは発行量や流通量に上限が設定されています。そのため、自国の法定通貨のヴォラティリティ(値動きの幅)が大きすぎたり、自分の財産のすべてを自国通貨で保有しておくことに危機感を持っていたりする新興国の人達にとっては、地球上で流通していて、発行量に上限があるビットコインやイーサリアムは、手数料も安く投資しがいのあるものなのです。

 

ビットコインに関心を持つ日本人なら、ビットフライヤーに口座を開設してビットコインを保管するのがおすすめです。ビットフライヤーなら手数料も安く済みますし、大手企業が出資していることからもわかるように、ビットフライヤーは今後大きな取引市場に成長する可能性が高いです。現状では先進国はどこの国も、量的緩和につぐ量的緩和で法定通貨の量だけが激増して金融市場に流されている時代です。全世界がビットコインに注目をするのは、量的緩和後の自分の資産をどのようにして守ったり、有利に資産運用を続けたりするうえでビットコインが有効と考えているからでしょう。

 

ビットフライヤーライトニングはビットフライヤーのなかにあるビットコインの取引所の一つです。ビットフライヤーライトニングは、通常のビットフライヤーの取引所とは一段階上の投資スキルを持った人が取引できるところです。チャートを参照にして、より詳細な設定の買い方を研究したい人におすすめです。

 

心配なセキュリティもビットフライヤーなら安心

ビットフライヤーの使い方ですが、まずビットフライヤーに口座を開き、ビットコインを購入します。マイページにて、携帯電話番号やクレジットカードを登録すればビットコインを時価で購入できます。各種のネット通販では、何かの買い物をするとポイントとして、ビットコインをプレゼントするサービスもありますが、そういう時にもらったビットコインもビットフライヤーで一括管理できます。

 

また、ビットフライヤーでは、顧客の使いやすさを犠牲にしないと同時に、セキュリティ面の配慮も十分なされています。ログインをするとネット証券のような雰囲気の画面が出てきます。ビットフライヤーでは最新のビットコイン技術である「マルチシグ」を導入してセキュリティの強化に努めています。ビットコインの用途はいろいろで、決済手段、送金手段、投資手段として利用し始める人が増えてきています。