人気の取引所(登録無料)

ビットフライヤーの特徴と買い方

ビットフライヤー
https://bitflyer.jp/
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

bitFlyer(ビットフライヤー)とは何か?

ビットフライヤー(bitFlyer)とは、2014年1月に設立された東京の仮想通貨取引所です。
ビットフライヤーはリクルートやGMO、三菱UFJキャピタル、電通デジタルホールディングスなど、日本を代表する大企業から億単位の資金調達を受けています。日本国内の仮想通貨関連サービス企業においてかなり規模の大きな、成長が見込める企業であるといえます。しかし、これだけでは国内初の仮想通貨ビットコインの販売所であるビットフライヤーが何なのかわからないでしょう。ビットフライヤーで取り扱っている通貨はビットコインとイーサリアムを含めた7種類であり、ビットコインとイーサリアムは地球上の仮想通貨のなかでもっとも流通している量が多い上位2通貨です。特にビットコインは、地球上で600あるといわれる仮想通貨のなかで圧倒的な流通量を誇っています。

 

ビットフライヤーの取扱通貨
ビットコイン(Bitcoin)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)
イーサリアム(Ethereum)
イーサリアムクラシック(Ethrereum Classic)
モナーコイン(Monacoin)
ライトコイン(Litecoin)
リスク(Lisk)

 

仮想通貨はほとんどの日本人にはなじみの薄いものですが、北米ではすでにネット通販大手が決済の方法として採用しています。ビットコインが決済手段として人気を博している要因としては、従来のクレジットカードに比較して手数料が圧倒的に安いことがあります。普通のクレジットカードであれば3〜5%の手数料が、ビットコインで決済すれば1%で済むことが大きな魅力といわれています。

 

ビットコインを買うことのメリットについて

ビットコインは「決済手段」として買われているだけではなく、「投資対象」にもなります。法定通貨(日本円や米ドルなど、各国の中央銀行が発行している通貨)とは事情が大きく異なり、ビットコインは発行量や流通量に上限が設定されています。そのため、自国の法定通貨のヴォラティリティ(値動きの幅)が大きすぎたり、自分の財産のすべてを自国通貨で保有しておくことに危機感を持っていたりする新興国の人達にとっては、地球上で流通していて、発行量に上限があるビットコインやイーサリアムは、手数料も安く投資しがいのあるものなのです。

 

ビットコインに関心を持つ日本人なら、ビットフライヤーに口座を開設してビットコインを保管するのがおすすめです。ビットフライヤーなら手数料も安く済みますし、大手企業が出資していることからもわかるように、ビットフライヤーは今後大きな取引市場に成長する可能性が高いです。現状では先進国はどこの国も、量的緩和につぐ量的緩和で法定通貨の量だけが激増して金融市場に流されている時代です。全世界がビットコインに注目をするのは、量的緩和後の自分の資産をどのようにして守ったり、有利に資産運用を続けたりするうえでビットコインが有効と考えているからでしょう。

 

ビットフライヤーライトニングはビットフライヤーのなかにあるビットコインの取引所の一つです。ビットフライヤーライトニングは、通常のビットフライヤーの取引所とは一段階上の投資スキルを持った人が取引できるところです。チャートを参照にして、より詳細な設定の買い方を研究したい人におすすめです。

 

心配なセキュリティもビットフライヤーなら安心

ビットフライヤーの使い方ですが、まずビットフライヤーに口座を開き、ビットコインを購入します。マイページにて、携帯電話番号やクレジットカードを登録すればビットコインを時価で購入できます。各種のネット通販では、何かの買い物をするとポイントとして、ビットコインをプレゼントするサービスもありますが、そういう時にもらったビットコインもビットフライヤーで一括管理できます。

 

また、ビットフライヤーでは、顧客の使いやすさを犠牲にしないと同時に、セキュリティ面の配慮も十分なされています。ログインをするとネット証券のような雰囲気の画面が出てきます。ビットフライヤーでは最新のビットコイン技術である「マルチシグ」を導入してセキュリティの強化に努めています。ビットコインの用途はいろいろで、決済手段、送金手段、投資手段として利用し始める人が増えてきています。

 

ビットフライヤー

日本円、ビットコイン出金手数料

取引所名 日本円出金手数料 ビットコイン出金手数料 詳細
GMOコイン 無料 無料 詳細
ビットフライヤー 216円〜756円 なし 詳細
bitbank 324円 0.0005btc 詳細
zaif 350円〜756円 0.0002btc 詳細
BTCBOX 0.5%(最低400円) 0.001btc 詳細
QUOINEX 500円 無料 詳細

ビットコイン購入方法、ビットコイン取扱い取引所は?


どの取引所も口座開設には審査があり、数日かかります。その数日で大きなチャンスを逃すこともあるので、申し込みは早めにしておくことをオススメします。
ビットコインを日本円で購入できる取引所は、GMOコイン、DMM Bitcoin、Liquid by QUOINEなどがあります。

初心者の方にオススメな理由
@ GMOコイン 操作しやすい。手数料が無料。初心者、長期保有の方にオススメ。
A DMM Bitcoin 土日祝を含めて365日サポート。暗号資産のFXにオススメ。
B Liquid by QUOINE 手数料が掛からないから初めての取引でも安心。

ですので、初心者や、長期保有の方には、「GMOコイン」と、「DMM Bitcoin」がオススメです。

仮想通貨取引所は、各社で取扱いコインが違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、仮想通貨取引所の最大手「GMOコイン」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫GMOコイン公式サイト(口座開設無料)

仮想通貨を安く手に入れたい方には「GMOコイン」。口座開設手数料・維持手数料、入出金手数料(円)、入出金手数料(ビットコイン)、仮想通貨の現物売買手数料、仮想通貨FXの取引手数料、全てが無料なので安くビットコインを手に入れることができます。

ビットコインの購入方法@ GMOコイン

GMOコイン
https://coin.z.com/


GMOコインは、コマーシャルでもおなじみの大手証券会社「GMOクリック証券」を運営する、「GMOインターネットグループ」が提供しているビットコインFXサービスです。

365日、24時間取引が可能な他、取引手数料が無料で、なおかつ追証の制度もないので、トレーダーにとっては安心のサービス体制が整っています。
スプレッドの最低値は500円に設定されており、4倍レバレッジをかけることができます。

またパソコン用ツール、スマホ用ツールともに、初心者でも使いやすい仕様になっており、特にスマホ用アプリの「ビットレ君」は、ビットコインFX取引に特化しているアプリです。

運営会社の実績も十分な業者ですので、これからビットコインFXを始めたいという方は、ぜひ候補に入れておくべきですね。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


ビットコインの購入方法A DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
https://bitcoin.dmm.com/


DMMビットコインは、「株式会社DMM.com」の子会社で、非常に証券会社としての信頼性や実績が高い親会社を持っています。
金融庁に暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号としての認可もしっかり受けており、セキュリティ面も万全です。
DMM FXで培ったノウハウが企業ありますので、もし不測の事態が起きたときも柔軟な対応をしてくれることが期待できます。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


ビットコインの購入方法B Liquid by QUOINE

Liquid by QUOINEは、日本を本拠地に、シンガポール、ベトナムに拠点を構えるアジア最大級の仮想通貨取引所です。QUOINE社が運営をしていて、2017年9月に、日本で初となる金融庁の認可を得た取引所です。

Liquid by QUOINE
https://ja.quoinex.com/


100%コールドウォレット、マルチシグ対応、出コインアドレスのホワイトリスト化、プライベートサーバー、二段階認証の必須、API出金の禁止、コールドウォレットに対応しない通貨の取り扱いを禁止など、盤石のセキュリティが特徴です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓