ビットバンクトレードの取扱通貨、取引手数料、レバレッジ、特徴は?

ビットバンク(bitbank)
https://bitcoinbank.co.jp/

 

ビットバンクトレードの取扱通貨

ビットバンクトレードで取り扱っている仮想通貨は、2017年現在ビットコインの1種類のみです。
他のアルトコインを利用して取引をしたいという方は、別の取引所を利用するしかありません。

 

ちなみにビットバンクトレードを提供する「株式会社ビットコイン」は、ビットコインCCというもう1つの仮想通貨取引所も提供しています。
ビットコインCCでは、ビットコインだけでなく、日本国内で人気が高いリップルや、イーサリアム、ライトコインなどの取引が可能です。

 

ビットバンク(取引所での取扱通貨)
・ビットコイン
・ライトコイン
・リップル
・イーサリアム
・モナコイン
・ビットコインキャッシュ

 

ビットバンクトレードでは、レバレッジを使ったビットコインFX取引のみが可能になります。

 

ビットバンクトレードの取引手数料

ビットバンクトレードの取引手数料は、ビットコインFXの新規注文、決済のときにかかる手数料で、新規ポジションの0.01%の手数料がかかります。
途中決済や期日決済の場合は、取引手数料がかかりません。

 

また借入手数料は無料ですが、ビットコインFXで利益を上げた場合は、キャピタルゲインフィーという手数料を別途支払わなくてはいけません。
キャピタルゲインフィーは、利益に対して0.2%が徴収されます。
もちろん、損失が出た場合の徴収はありません。

 

ビットコインの預入手数料は無料で、引出手数料は0.0005BTCがかかります。
銀行を経由して入金を行う場合は、手数料をトレーダーが負担し、出金時は金額に関わらず、一律324円の手数料がかかります。
ちなみにビットバンクトレードでは日本円の出金ができず、出金可能なのはビットコインのみです。

 

ビットバンクトレードのレバレッジ

ビットバンクトレードのレバレッジは、上限が20倍に設定されています。
上限が5倍、25倍などに設定されている取引所はいくつかありますが、20倍に設定されているのは、国内ではビットバンクトレードのみです。

 

その他のビットバンクトレードの特徴

ビットバンクトレードのレバレッジ取引「BTCFX」では、スワップポイントを支払う必要がありません。
BTCFXは他社とは違い、先物取引の制度を採用しているため、スワップポイントを支払う必要がないのです。

 

また取引が活発で流動性が高いので、売買の需要と供給が一致しやすく、取引が成立しないという状況が少ないのが特徴です。
またビットバンクトレードでは、ビットコインの単位を「枚」で表しているため、細かい数字を見る必要がなく、より直感的なトレードが可能になります。

 

ビットバンクトレード

ビットコインFX(仮想通貨FX)業者比較表

取引所 取扱通貨 取引手数料 レバレッジ 詳細
GMOコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・リップル

無料 最大25倍
(ビットコインのみ)
詳細
コインチェック ・ビットコイン

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・ダッシュ
・モネロ
・ネム
・イーサリアムクラシック
・リスク
・ジーキャッシュ
・オーガ―
・ファクトム

無料 最大5倍 詳細
ビットフライヤー ・ビットコイン

・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナーコイン

無料 最大15倍 詳細
ビットバンク(取引所) ・ビットコイン

・ライトコイン
・リップル
・イーサリアム
・モナコイン
・ビットコインキャッシュ

詳細
ビットバンクトレード ・ビットコイン 0.01% 最大20倍 詳細
みんなのビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
QUOINEX ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・QASH

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
DMMビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・リップル
・ライトコイン
・イーサリアムクラシック
・ビットコインキャッシュ

無料 最大5倍 詳細
ザイフ ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・モナーコイン
・ビットコインキャッシュ

0.7% 最大7.77倍 詳細
ビットポイント ・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム

無料 最大25倍 詳細