ビットフライヤーの取扱通貨、取引手数料、レバレッジ、特徴は?

ビットフライヤー
https://bitflyer.jp/

 

ビットフライヤーの取扱い通過

ビットフライヤーは、ビットコイン、イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナーコインという6種類の仮想通貨を取り扱っています。

 

モナーコインは2014年に日本で誕生した仮想通貨です。
「モナー」は2chで有名なアスキーアートで、コインにもそのアスキーアートのデザインがされています。

 

モナーコインは流通量がまだ少なく、アルトコインの中でも値動きが激しい種類に属しています。
値動きの大きさに躊躇して、なかなか購入に踏み切れないという方も多いアルトコインです。

 

モナーコインはブロックが90秒程度で完成し、日本で開発されたコインなので日本語対応のコミュニティが多いのがメリットです。

 

ビットフライヤーの取引手数料

ビットフライヤーを利用してビットコインFXを行うには、ビットフライヤーのアカウントを作成しなくてはいけません。
アカウントの作成、アカウントの維持にかかる手数料は無料です。

 

ビットコイン販売所での売買手数料は無料で、取引所Lightning現物取引では売買価格の0.01%〜0.15%の手数料がかかります。
Lightning FXの売買手数料もしばらくの間無料ですが、スワップポイントは負担しなくてはいけません。

 

ビットフライヤーのレバレッジ

ビットフライヤーのLightning FXでは、最大で15倍までレバレッジを使った取引をすることができます。

 

ただし、3倍以上のレバレッジを利用するには、ビットフライヤーに銀行口座の承認を受ける必要があります。

 

その他のビットフライヤーの特徴

ビットフライヤーの特徴は、何と言っても取引所としての信頼性です。
2014年にサービスを開始し、現在では仮想通貨の取引量、登録しているユーザー数ともに国内第1位を誇っています。

 

またMUFGや三井住友銀行、リクルートといった大企業が出資に携わっており、資本金が豊富なところも、倒産などの事業者リスクが少ない理由の1つです。

 

またビットフライヤーは、不正ログインに対する補償サービスを実施しています。
ビットフライヤーは三井住友海上と保険サービスの提携を結んでおり、2段階認証を行っているユーザーを対象に補償を行います。

 

ただし、100万円以上の預り金がある場合は500万円まで補償されますが、100万円以下の場合は10万円までしか補償されません。
ビットフライヤーのアカウントを利用する場合は、まず万が一のことに備えて、2段階認証の設定を行っておくことが大事です。

 

ビットフライヤー

ビットコインFX(仮想通貨FX)業者比較表

取引所 取扱通貨 取引手数料 レバレッジ 詳細
GMOコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・リップル

無料 最大25倍
(ビットコインのみ)
詳細
コインチェック ・ビットコイン

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・ダッシュ
・モネロ
・ネム
・イーサリアムクラシック
・リスク
・ジーキャッシュ
・オーガ―
・ファクトム

無料 最大5倍 詳細
ビットフライヤー ・ビットコイン

・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナーコイン

無料 最大15倍 詳細
ビットバンク(取引所) ・ビットコイン

・ライトコイン
・リップル
・イーサリアム
・モナコイン
・ビットコインキャッシュ

詳細
ビットバンクトレード ・ビットコイン 0.01% 最大20倍 詳細
みんなのビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
QUOINEX ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・QASH

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
DMMビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・リップル
・ライトコイン
・イーサリアムクラシック
・ビットコインキャッシュ

無料 最大5倍 詳細
ザイフ ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・モナーコイン
・ビットコインキャッシュ

0.7% 最大7.77倍 詳細
ビットポイント ・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム

無料 最大25倍 詳細