ビットコインって大丈夫?

ビットコインそのもについて、不安に思っている方がいるかもしれません。
そう思ってしまう原因として、2つのことが思い浮かびます。

 

マウントゴックスの事件

今では考えられないことですが、以前は誰でも取引所になることが出来ました。
その為に起きてしまった事件です。

 

まだ、ビットコインという名前も知らない人が多かった時に、この事件は起こりました。
その為、「ビットコインは危険」とか「そんなものに手を出すからいけないんだ」というように思った人がたくさんいたと思います。

 

マウントゴックス
一時期は世界で一番の取引量を誇る取引所となっていたマウントゴックスですが、当初はトレーディングカードの取引所でした。
トレーディングカードとは、観賞用やゲーム用に作られたカードのことです。

 

2014年3月、その取引所が突如、取引を停止し、サイトが消えました。
そして、顧客の75万btcのビットコインが消えてなくなりました。

 

この事件、当初システムに弱いところがあり、ハッカー攻撃によってビットコインが盗まれたと報道されました。
その為、ビットコインの信用性に大きく響き、ビットコインの価格も大きく下がりました。

 

結果、この事件の真相は、「ビットコインがなくなってしまい、本当に申し訳ない」と謝罪したことで覚えている人もいるかもしれませんが、代表取締役マルク・カルプレスの横領事件だったのです。

 

 

つまり、ビットコイン自体が信用できないものではなく、まだいろいろなと整備が整っていない時代のために起きてしまった人為的なミスだったのです。

 

この時代なので仕方ないですが、日本政府も「ビットコインは通貨ではなく、ゲーム用のコイン」と位置付けました。

 

価格が大暴落

ビットコインは2009年に登場し、その後、ぐんぐん値段が上がり、1円以下だったものが2013年には12万円に、その後ズドーンと下がりました。

 

その原因は、中国にあります。もともと、ビットコインの多くは中国人によって、購入されていました。
自国の通貨である元を信用していないことから、ビットコインに流れていたのです。

 

そこで中国政府は、2013年12月、中国人民銀行での金融機関によるビットコイン取引を禁止しました。
その影響でビットコインの価格が12万円から4万円へと一気に下がりました。

 

ただし、個人間での取引は禁止されておらず、また規制は中国本土のみで、香港では自由に売買することができています。

 

ではなぜ、そこまでビットコインの価格が大きく変動するかというと、まだ使っている人が少なすぎたのです。
その為、何か問題が起きる度に価格が大きく下がることになるのです。

 

では今のビットコインは?

世界的にみると、まだまだ利用者が少ない状態です。
その為、2016年末から2017年年始にかけて、一気に15万円まで値上がり、9万円まで値下がるということが起きました。

 

中国の旅行者がビットコインに変えて、一気に戻したと言っている人もいますが、どう考えてもそこまで動くとは思えません。
おそらく財閥系のマネーがなんらかの理由で流れたのではと思われます。

 

しかし、2017年2月10日に、またも中国政府が動き、中国の3大ビットコイン取引所が利用者による引き出しを停止しましたが、それほど大きく下がることはなかったのです。

 

それはなぜかというと、2016年、利用者は中国集中ではなく、世界的に広まったのです。
その中には、日本の割合も大きく、中国、アメリカ、日本が3大ビットコイン国家となりました。

 

つまり、徐々にビットコインの価格は安定してきているということです。
多くの人が使えば使うほど、価格は安定して、価値も上がるということです。