人気の取引所(登録無料)

ビットコイン取引所の仕組み

取引所が存在する理由

ビットコイン取引所とは、個々のユーザーにビットコイン取引の場を提供するプラットホームです。この取引所で、ユーザーは他のユーザーとビットコインを売買し、ウォレットでビットコインの残金や入出金、損益管理などを行います。

 

取引所はこうした場を設けることで、ビットコインの買い手・売り手双方から手数料を取り、利益を出すというビジネスを行っています。つまり取引所は、中立的な仲介役というスタンスです。

 

ビットコインに限らず仮想通貨のユーザーは、もともとユーザー同士で自由に仮想通貨を送金し合ったり、売買したりできます。しかし、自分がビットコインを売りたい時に買ってくれる人を探したり、買いたい時に売ってくれる人を探したりするのは、手間がかかります。

 

仮想通貨のユーザーがそうした手間を取らずに済むように、取引所では仮想通貨の取引市場という場を設けています。買い手と売り手を集めることで、取引がすぐに成立しやすい状態を作っているのです。

 

また、取引所にアカウントを作って売買を始める際には、一定の認証手続きが必要になるため、詐欺目的の利用者を排除するなど、悪質なユーザーの出現を抑止してくれている側面もあります。

 

取引はオークション形式

取引所での取引には、オークション形式が採用されています。ビットコインを売りたい人はいくらで売りたいのか、買いたい人はいくらで買いたいのかといった情報は、オーダーブックを見ればわかるようになっています。オーダーブックを見ながら、個々のユーザーは、いくらでビットコインを買おうか、または売ろうかと思案して意思決定するのです。

 

例えば、1BTC(ビットコイン)を10万円で買いたいという人が多数いるとします。一方で、売り手は11万円で売りたいと考えている人が多数いるとします。このままでは、売り手・買い手いずれの要望も満たされず、取引は成立しません。オーダーブックを見ていると、こういう状態がわかります。

 

そこで、買い手のなかで「10万5千円までなら出す」と譲歩する人が出てきます。一方で売り手のなかにも「10万5千円なら売ってもいい」と譲歩する人が出てきます。こうなると買い手・売り手双方の要望が合致し、売買が成立となります。

 

オーダーブックでは、こうした状態がもっと細かく「10万6千円なら売っても良いという人」「10万4千円なら買っても良いという人」などがどれくらい存在するか、そのボリュームが表示されます。こうした状況を見ながら、個々のユーザーは、「自分はどれだけの条件まで譲歩できるか」を思案し、ビットコインの売買を行っていきます。細かく見ることができるため、自分が納得できる取引もしやすいでしょう。

 

取引所は手数料で稼ぐ

このように、取引自体はユーザー同士で行われるものであり、そこに取引所は関与しません。ただ、取引所は、こうした取引が成立した際に、取引の場を提供した場所代のような形で、手数料を取って収益をあげています。

 

そのため、上記の例のように1BTCが10万5千円で売買された場合、手数料率が0.2パーセントだとすると、実際に買い手のウォレットに入るビットコインは、手数料率が差し引かれた残りの0.998BTCとなります。この手数料は、取引が成立するごとにかかるため、売買する数が多くなればなるほど、その分支払いも多くなります。

 

上記の例では、手数料は0.2パーセントとしましたが、この数値は取引所によって異なります。単に安ければ安いほどいいというわけではなく、手数料率が低くても、使い勝手などのサービスが悪ければ、トータルで見てマイナスということも考えられるため、その点は注意が必要です。

日本円、ビットコイン出金手数料

取引所名 日本円出金手数料 ビットコイン出金手数料 詳細
GMOコイン 無料 無料 詳細
ビットフライヤー 216円〜756円 なし 詳細
bitbank 324円 0.0005btc 詳細
zaif 350円〜756円 0.0002btc 詳細
BTCBOX 0.5%(最低400円) 0.001btc 詳細
QUOINEX 500円 無料 詳細

ビットコイン購入方法、ビットコイン取扱い取引所は?


どの取引所も口座開設には審査があり、数日かかります。その数日で大きなチャンスを逃すこともあるので、申し込みは早めにしておくことをオススメします。
ビットコインを日本円で購入できる取引所は、GMOコイン、DMM Bitcoin、Liquid by QUOINEなどがあります。

初心者の方にオススメな理由
@ GMOコイン 操作しやすい。手数料が無料。初心者、長期保有の方にオススメ。
A DMM Bitcoin 土日祝を含めて365日サポート。暗号資産のFXにオススメ。
B Liquid by QUOINE 手数料が掛からないから初めての取引でも安心。

ですので、初心者や、長期保有の方には、「GMOコイン」と、「DMM Bitcoin」がオススメです。

仮想通貨取引所は、各社で取扱いコインが違うので、最低でも3社以上の併用をおすすめしていますが、仮想通貨取引所の最大手「GMOコイン」は必ず登録をしておくと良いでしょう。≫GMOコイン公式サイト(口座開設無料)

仮想通貨を安く手に入れたい方には「GMOコイン」。口座開設手数料・維持手数料、入出金手数料(円)、入出金手数料(ビットコイン)、仮想通貨の現物売買手数料、仮想通貨FXの取引手数料、全てが無料なので安くビットコインを手に入れることができます。

ビットコインの購入方法@ GMOコイン

GMOコイン
https://coin.z.com/


GMOコインは、コマーシャルでもおなじみの大手証券会社「GMOクリック証券」を運営する、「GMOインターネットグループ」が提供しているビットコインFXサービスです。

365日、24時間取引が可能な他、取引手数料が無料で、なおかつ追証の制度もないので、トレーダーにとっては安心のサービス体制が整っています。
スプレッドの最低値は500円に設定されており、4倍レバレッジをかけることができます。

またパソコン用ツール、スマホ用ツールともに、初心者でも使いやすい仕様になっており、特にスマホ用アプリの「ビットレ君」は、ビットコインFX取引に特化しているアプリです。

運営会社の実績も十分な業者ですので、これからビットコインFXを始めたいという方は、ぜひ候補に入れておくべきですね。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


ビットコインの購入方法A DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
https://bitcoin.dmm.com/


DMMビットコインは、「株式会社DMM.com」の子会社で、非常に証券会社としての信頼性や実績が高い親会社を持っています。
金融庁に暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号としての認可もしっかり受けており、セキュリティ面も万全です。
DMM FXで培ったノウハウが企業ありますので、もし不測の事態が起きたときも柔軟な対応をしてくれることが期待できます。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓


ビットコインの購入方法B Liquid by QUOINE

Liquid by QUOINEは、日本を本拠地に、シンガポール、ベトナムに拠点を構えるアジア最大級の仮想通貨取引所です。QUOINE社が運営をしていて、2017年9月に、日本で初となる金融庁の認可を得た取引所です。

Liquid by QUOINE
https://ja.quoinex.com/


100%コールドウォレット、マルチシグ対応、出コインアドレスのホワイトリスト化、プライベートサーバー、二段階認証の必須、API出金の禁止、コールドウォレットに対応しない通貨の取り扱いを禁止など、盤石のセキュリティが特徴です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓