ビットコイン取引所の仕組み

取引所が存在する理由

ビットコイン取引所とは、個々のユーザーにビットコイン取引の場を提供するプラットホームです。この取引所で、ユーザーは他のユーザーとビットコインを売買し、ウォレットでビットコインの残金や入出金、損益管理などを行います。

 

取引所はこうした場を設けることで、ビットコインの買い手・売り手双方から手数料を取り、利益を出すというビジネスを行っています。つまり取引所は、中立的な仲介役というスタンスです。

 

ビットコインに限らず仮想通貨のユーザーは、もともとユーザー同士で自由に仮想通貨を送金し合ったり、売買したりできます。しかし、自分がビットコインを売りたい時に買ってくれる人を探したり、買いたい時に売ってくれる人を探したりするのは、手間がかかります。

 

仮想通貨のユーザーがそうした手間を取らずに済むように、取引所では仮想通貨の取引市場という場を設けています。買い手と売り手を集めることで、取引がすぐに成立しやすい状態を作っているのです。

 

また、取引所にアカウントを作って売買を始める際には、一定の認証手続きが必要になるため、詐欺目的の利用者を排除するなど、悪質なユーザーの出現を抑止してくれている側面もあります。

 

取引はオークション形式

取引所での取引には、オークション形式が採用されています。ビットコインを売りたい人はいくらで売りたいのか、買いたい人はいくらで買いたいのかといった情報は、オーダーブックを見ればわかるようになっています。オーダーブックを見ながら、個々のユーザーは、いくらでビットコインを買おうか、または売ろうかと思案して意思決定するのです。

 

例えば、1BTC(ビットコイン)を10万円で買いたいという人が多数いるとします。一方で、売り手は11万円で売りたいと考えている人が多数いるとします。このままでは、売り手・買い手いずれの要望も満たされず、取引は成立しません。オーダーブックを見ていると、こういう状態がわかります。

 

そこで、買い手のなかで「10万5千円までなら出す」と譲歩する人が出てきます。一方で売り手のなかにも「10万5千円なら売ってもいい」と譲歩する人が出てきます。こうなると買い手・売り手双方の要望が合致し、売買が成立となります。

 

オーダーブックでは、こうした状態がもっと細かく「10万6千円なら売っても良いという人」「10万4千円なら買っても良いという人」などがどれくらい存在するか、そのボリュームが表示されます。こうした状況を見ながら、個々のユーザーは、「自分はどれだけの条件まで譲歩できるか」を思案し、ビットコインの売買を行っていきます。細かく見ることができるため、自分が納得できる取引もしやすいでしょう。

 

取引所は手数料で稼ぐ

このように、取引自体はユーザー同士で行われるものであり、そこに取引所は関与しません。ただ、取引所は、こうした取引が成立した際に、取引の場を提供した場所代のような形で、手数料を取って収益をあげています。

 

そのため、上記の例のように1BTCが10万5千円で売買された場合、手数料率が0.2パーセントだとすると、実際に買い手のウォレットに入るビットコインは、手数料率が差し引かれた残りの0.998BTCとなります。この手数料は、取引が成立するごとにかかるため、売買する数が多くなればなるほど、その分支払いも多くなります。

 

上記の例では、手数料は0.2パーセントとしましたが、この数値は取引所によって異なります。単に安ければ安いほどいいというわけではなく、手数料率が低くても、使い勝手などのサービスが悪ければ、トータルで見てマイナスということも考えられるため、その点は注意が必要です。