ビットコインのコンビニでの買い方

アカウント作成後、所定の認証手続きを完了する

まず、購入前の大前提の話となりますが、取引所でビットコインの購入や入金を行うには、一定の認証手続きを求められることが一般的です。詳細は個々の取引所ホームページを確認する必要がありますが、大抵の場合は、電話番号認証と、本人確認書類の提出などが求められます。

 

また、数百万円単位での高額の取引を取引所で行いたい場合などは、さらに追加で、自身の銀行口座関係の書類提出を求められるケースもありますが、この点はあまり気にしなくても大丈夫です。初心者の場合では、少額投資から始めることが多いためです。ビットコインの取引に慣れてきて、より大きな額の取引をしたいと思い始めたら、追加での提出書類が必要になるのだと覚えておきましょう。

 

入金したい金額を、ホームページ上で入力する

コンビニ決済に対応している取引所のホームページにログインすると、自身のアカウントのページのどこかに、「コンビニ決済で入金する」という趣旨のページが存在するはずです。まず、そちらのページにアクセスします。

 

次に、コンビニで入金したい金額を入力します。その際に注意すべきなのが、入金金額によって、決済手数料が異なる場合があるということです。例えば、入金金額が3万円未満の場合は約400円、3万円以上の場合は約500円と、決済手数料が若干異なる取引所もあります(とはいえ100円程度の差ですから、それほど大きな額ではありません)。また、入金金額が5万円以上の場合には、別途、印紙税として200円が加算されるケースもあります。自分が登録した取引所の説明をよく確認しておきましょう。

 

入金金額を入力し終えたら、支払いを行いたいコンビニチェーン店を選択します(いずれも、全国展開している大手チェーンです)。自分が足を運びやすいコンビニチェーン店を選択しましょう。

 

以上の情報の入力が完了したら、入力完了画面が表示され、受付番号などが提示されるはずです。入力完了画面で表示される指示に従って、番号をメモしたり、プリントアウトしたりして、コンビニの店頭端末で入力する準備をしましょう。

 

コンビニの店頭端末で支払票を出力し、レジで支払う

受付番号のメモやプリントされた紙を持って、自分が指定したコンビニチェーン店に行き、店頭端末で受付番号と自分の電話番号を入力します。そうすると、端末から支払票が出力されますので、それをレジに持っていき、現金で支払えば、入金の手続きは完了です。取引所のシステムにより、若干のタイムラグがありますが、おおよそ数分から一時間以内には、取引所に入金されるのが一般的です。

 

どれだけ時間が経過しても、取引所で入金が確認できなかった場合は、システム上のトラブルなどが発生している可能性があります。その場合は、サポートセンターに問い合わせるなどして解決する必要があります。そうなった場合のためにも、受付番号のメモや、支払いの際に受け取ったレシートなどは、きちんと保管しておきましょう。

 

2015年までは、日本において、コンビニ決済でのビットコイン購入に対応している取引所・販売所は存在しておらず、口座振込みやクレジットカード払いなどで対応するのが一般的でした。しかし、2016年になると、続々と大手の取引所がコンビニ決済への対応に乗り出すようになり、利用者にとって大変便利な状況になりました。

 

詳細な手順については、取引所によっては異なる点があり、コンビニ決済に対応している個々の取引所ホームページにある記載を確認する必要はありますが、利用者にとってコンビニ決済ができるということは大きなメリットになるため、しっかりとおさえておきましょう。