ビットコインのクレジットカードでの買い方

クレジットカードを取り扱っている取引所を選ぶ

クレジットカード決済は、決済と同時に、その時点でのBTCレートを元にした価格で、ビットコインを即座に購入できるというサービスです。2015年までは、入金・決済方法としては銀行振り込みしか取り扱いのない取引所がほとんどでしたが、2016年下旬以降、クレジットカード決済に対応している取引所がどんどん増えています。

 

そして2017年現在では、多くの取引所がクレジットカード決済に対応するようになってきています。ただ注意すべきは、一口にクレジットカードといっても、VISA、Mastercard、JCBなど様々なブランドがあるため、自分が所有しているブランドのクレジットカードを取り扱っている取引所を選ぶ必要があるということです。取引所でアカウントを作り、いざ購入というタイミングになって、自分のカードでは支払いができないことに気づくといった事態にならないように気をつけましょう。

 

さらに注意すべきなのは、クレジットカードでのビットコイン購入可能限度額や決済手数料は、取引所によって大きく異なるという点です。最低購入限度額が1000円という取引所があれば、5000円という取引所もあります。同じく一日あたりの最大購入限度額が100万円という取引所があれば、10万円という取引所もあります。決済手数料は、決済と同時に購入したBTCからビットコイン払いで差し引かれるという仕組みですが、これも4パーセント台のところから8パーセント台のところなど様々です。こうした情報もまた、それぞれの取引所のホームページに記載がありますから、アカウントを解説する前によく比較検討しておくことをおすすめします。

 

アカウント作成後、所定の認証手続きを完了する

自分がどの取引所でビットコインを購入するかが決まったら、その取引所でアカウントを開設し、所定の承認手続きを進めます。詳細は個々の取引所のホームページを確認する必要がありますが、大抵の場合は電話番号認証と、本人確認書類の提出などです。

 

しかし、数百万円単位など金額が大きい取引を行いたい場合は、上記の確認書類に加えて、自身の銀行口座の書類提出が必要になることもあります。初心者の方が慣れないうちに高額の取引を行うことは少ないため、そこまで気にしなくて問題ありません。取引を重ね経験を積むと高額の取引をすることもあります。そうした際には、認証手続きが必要になると頭の片隅に入れておきましょう。

 

クレジットカードでビットコインを購入する

以上の手続きを踏めば、あとはクレジットカードでビットコインを購入するだけです。作成したアカウントで取引所のホームページにログインすると、「クレジットカードでビットコインを購入する」といったページが存在するはずです。まずはそのページにアクセスしましょう。

 

購入ページにアクセスすると、購入画面が出てくるはずです。取引所によって違いはありますが、自分自身で購入額を記入する場合や、いくつかの選択肢があってそこから選ぶ(5000円分購入、10000円分購入、50000円分購入というボタンから選択する)場合があります。どちらの方法も用意している取引所もあります。こちらで自分が希望する購入金額を記載・選択し終わったら、「購入する」といったボタンがありますので、そちらを押しましょう。

 

そうすると、次に、決済画面のページに移りますので、こちらでクレジットカード情報を入力します。入力間違いがないように注意しましょう。入力が終われば、「決済開始」といったボタンがあるはずですので、そちらを押せば、購入完了となります。今回紹介した方法は一般的な例になります。取引所によっては、細かな仕様が異なることもあるため、事前に確認しておきましょう。