ビットコインの買い方

取引所に登録し、アカウントを開設する

仮想通貨であるビットコインは、日本円などのリアルマネーと異なり、現実世界に形をとって存在していません。あくまでインターネットや、個々のPC・スマホなどに記録されて存在するバーチャルな通貨ですから、その取り扱い方や入手方法も、自ずとリアルマネーとは異なるのです。

 

例えば現実の生活で、日本円でUSドルを購入したい場合には、銀行や空港にある両替所に行くことが一般的でしょう。また、オンラインの外国為替市場での売買でも入手できます。

 

一方、ビットコインは仮想通貨ですから、前者のような窓口両替所のようなものが存在せず、後者のようなオンラインの仮想通貨取引所で購入するという手段が一般的です。そのため、まずは取引所に登録し、アカウントを開設する必要があります。

 

取引所は民間企業によって開設されており、複数存在しています。取引所によって、手数料率も変わってくるため、条件などをよく比較したうえでの開設がおすすめです。比較検討しても、どの取引所を選べばよいかわからない場合は、初心者のほとんどが登録しているような、大手の取引所を選んでおくと失敗も少ないでしょう。

 

こうした取引所でアカウントを開設すると、「ウォレット(=財布の意)」が作られます。取引所内で売買されたビットコインの残金や入出金管理などは、このウォレットを介して行われることになります。これでビットコインを購入することができるようになります。

 

ただし、ビットコインの購入にあたっては、携帯番号認証などの手続きが必要になることもあります。大抵は、手のかかる面倒なものではなく、サッと済ませられる簡単な手続きですが、取引所によって異なることもあるため、登録する取引所の案内をよく確認するようにしましょう。

 

個人のウォレットを作り、個人間で直接取引する

上記の手続きでは、ウォレットは取引所内に作られますが、これを個人で作る方法もあります。ウォレットにはいくつか種類があり、「デスクトップ保存型」「オンライン保存型」「ハードウェア保存型」「ペーパー(紙)保存型」の4つの形式に大別されます。ちなみに取引所内のウォレットは、「オンライン保存型」の一つの類型です。

 

ネット上では、個人間でのネットコイン売買を持ちかけている人もいるため、自分の個人ウォレットを作った後で、他の個人からビットコインを買うという方法もなくはありません。

 

ただし、こうした個人間での取引を持ちかける人間のなかには、悪徳業者などが混ざっていることもあります。ビットコインと交換に支払う予定のリアルマネーをだまし取られることや、詐欺行為などの犯罪に巻き込まれても、保証されるわけではないため注意が必要です。こうしたリスクもあるため、取引に慣れていない初心者におすすめできる買い方ではありません。取引相手がよく知っている個人や企業で、信頼できる場合など、限定的な状況にとどめておくべきでしょう。

 

ビットコインATMを利用する

日本ではまだあまり見られないのですが、世界中でビットコインATMというものが普及しています。Coin ATM Radarというサイトでは、ビットコインATMが世界中どの地域・どの場所にどれくらいあるか、一覧ですぐわかるようになっています。IT技術の先進国であるアメリカで数多く普及し、次にヨーロッパでも普及が進んでいることがわかります。日本も含めたその他の地域は、欧米に比べると普及数は少ないようです。

 

将来的にビットコインがより普及すれば、街中やコンビニのATMを使い日本円でビットコインをチャージするというのが当たり前になる日が来るのかもしれません。