ビットコイン取引所と販売所の違い

取引所とは

まず、取引所とは何かですが、ウォレットを持ったユーザー同士が、ビットコインの売買を行う場所です。ここでの取引主体は、あくまで売買の主体であるユーザー同士です。運営主体である企業は売買に関与せず、手数料という形で収益を得ています。ここではオークション形式が採用され、ビットコインの需給関係により、リアルタイムで相場は常に変動しています。そのため、自分が納得できる価格で取引できることも多いです。

 

こうした取引所の特徴として、「誰と取引を行っているかが不明」という点が挙げられます。1BIT10万円で買うという売買が成立した時に、誰から買ったのか、または誰に売ったのか、そういった情報をユーザーは知ることができません。逆に言えば、売り主・買い主双方が、そういった取引相手の属性情報を気にする手間を省き、気軽に取引ができる環境を提供している場所なのだということもできるでしょう。

 

販売所とは

オンラインでビットコインを購入する場所として、実は取引所の他に、販売所というものもあります。これはその名の通り、ビットコインを販売している場所ということになります。ただこの場合、運営主体と取引相手が同じです。これが、取引所との大きな違いです。

 

こちらでビットコインを売買する際には、既に販売所のほうから提示されている価格で売買をすることになります。つまり、販売所のほうから「1BTCをいくらで買います」「1BTCをいくらで売ります」という表示がされており、その価格で売買するのです。本、CD、ゲームなどの中古商品を扱うお店で売買することをイメージするとわかりやすいでしょう。また、運営主体が取引相手になるため、取引上の安心感が取引所と比べて高いことも特徴の一つになります。

 

この場合、販売所は、ユーザーがBTCを購入する価格は高く、ユーザーからBTCを買い取る価格は当然それよりも安く設定しています。そしてその差額を収益としています。この差額をスプレッドと呼びます。

 

取引所と販売所の使い分けはどうすれば良いのか

あくまで一般論ではありますが、取引所のほうが、販売所よりも安く買い、高く売ることができます。考えてみれば当然であり、もし販売所の方が安く買い、高く売ることができるのであれば、ほとんどのユーザーはそちらで売買をしてしまい、取引所で取引する人は誰もいなくなってしまいます。そのため、通常は取引所で取引すれば良いのだと考えて構いません。しかし、販売所を利用すべき場合もあります。以下、それぞれの場合について説明します。

 

まず、取引所での取引上限額を超えた取引を行いたい場合です。通常、取引所では、取引所へ提出した認証用の書類や取引実績などに応じて、取引量の上限に差がつけられています。例えば、取引所での一日あたり取引量上限が50万円、一月あたり取引量上限が250万円、といったような形です。このような状況で、どうしても一日で100万円分の取引を行いたい場合には、販売所を利用して取引を行うことができます。販売所での取引量には上限がなく、提示されている価格で取引するという条件のもとで、好きなだけビットコインの売買が可能です。

 

次に、ビットコインの下落幅が激しく、買い手がいなくなってしまい、売りたくとも売れない相場になったような場合です。こうした場合でも、販売所であれば、提示された価格であれば必ず売ることができます。そのため、取引所で取引ができない場合でも確実に売買できる最後の手段として利用することができます。

 

国内大手の取引所は、販売所も同時に運用しているケースが多いです。普段は取引所で取引しつつ、状況に応じて賢く販売所も使うと覚えておくと良いでしょう。