仮想通貨(ビットコイン)の取引所と販売所の違い

取引所とは(ユーザー同士で取引)

安く買いたいなら取引所がおすすめ!

メリット
需要と供給がマッチした場合、安く購入することが可能。

 

デメリット
取引が成立しないと、いつまでも購入できない。

取引所とは、ウォレットを持ったユーザー同士が、ビットコインの売買を行う場所です。

 

ここでの取引主体は、あくまで売買の主体であるユーザー同士です。運営主体である企業は売買に関与せず、手数料という形で収益を得ています。

 

ここではオークション形式が採用され、ビットコインの需給関係により、リアルタイムで相場は常に変動しています。そのため、自分が納得できる価格で取引できることも多いです。

 

こうした取引所の特徴として、「誰と取引を行っているかが不明」という点が挙げられます。1BIT10万円で買うという売買が成立した時に、誰から買ったのか、または誰に売ったのか、そういった情報をユーザーは知ることができません。

 

逆に言えば、売り主・買い主双方が、そういった取引相手の属性情報を気にする手間を省き、気軽に取引ができる環境を提供している場所なのだということもできるでしょう。

≫初心者の方向け取引所

 

販売所とは(運営元から購入)

早く欲しい時は、販売所がおすすめ!

メリット
欲しい量をすぐに買うことが可能。

 

デメリット
販売所で手に入れるよりも割高。

オンラインでビットコインを購入する場所として、実は取引所の他に、販売所というものもあります。

 

これはその名の通り、仮想通貨(ビットコイン)を販売している場所ということになります。ただこの場合、運営主体と取引相手が同じです。これが、取引所との大きな違いです。

 

こちらでビットコインを売買する際には、既に販売所のほうから提示されている価格で売買をすることになります。つまり、販売所のほうから「1BTCをいくらで買います」「1BTCをいくらで売ります」という表示がされており、その価格で売買するのです。

 

本、CD、ゲームなどの中古商品を扱うお店で売買することをイメージするとわかりやすいでしょう。

 

また、運営主体が取引相手になるため、取引上の安心感が取引所と比べて高いことも特徴の一つになります。

 

この場合、販売所は、ユーザーがBTCを購入する価格は高く、ユーザーからBTCを買い取る価格は当然それよりも安く設定しています。

 

そしてその差額を収益としています。この差額をスプレッドと呼びます。

≫初心者の方向け取引所

 

取引所と販売所の使い分け

普段は取引所で、状況に応じて販売所も。

 

あくまで一般論ではありますが、取引所のほうが、販売所よりも安く買い、高く売ることができます。

 

考えてみれば当然であり、もし販売所の方が安く買い、高く売ることができるのであれば、ほとんどのユーザーはそちらで売買をしてしまい、取引所で取引する人は誰もいなくなってしまいます。

 

そのため、通常は取引所で取引すれば良いのだと考えて構いません。しかし、販売所を利用すべき場合もあります。以下、それぞれの場合について説明します。

 

販売所を利用すべき場合
@取引上限額を超えた取引を行いたい場合

まず、取引所での取引上限額を超えた取引を行いたい場合です。通常、取引所では、取引所へ提出した認証用の書類や取引実績などに応じて、取引量の上限に差がつけられています。

 

例えば、取引所での一日あたり取引量上限が50万円、一月あたり取引量上限が250万円、といったような形です。このような状況で、どうしても一日で100万円分の取引を行いたい場合には、販売所を利用して取引を行うことができます。

 

販売所での取引量には上限がなく、提示されている価格で取引するという条件のもとで、好きなだけビットコインの売買が可能です。

 

A売りたくても売れない相場になった場合

次に、ビットコインの下落幅が激しく、買い手がいなくなってしまい、売りたくても売れない相場になったような場合です。こうした場合でも、販売所であれば、提示された価格であれば必ず売ることができます。

 

そのため、取引所で取引ができない場合でも確実に売買できる最後の手段として利用することができます。

 

国内大手の取引所は、販売所も同時に運用しているケースが多いです。普段は取引所で取引しつつ、状況に応じて賢く販売所も使うと覚えておくと良いでしょう。

初心者の方向け取引所

初心者の方にオススメな理由

@ GMOコイン 操作しやすい。手数料が無料。初心者、長期保有の方にオススメ。
A DMM Bitcoin 24時間対応サポート。初心者、長期保有の方にオススメ。
B ビットフライヤー 使いやすく長期保有や、仮想通貨初心者の方にオススメ。
C ビットバンク 取引板での売買なので、投資経験者にオススメ。
D ビットトレード リップルでトレードをしたい投資経験者にオススメ。
E Zaif(ザイフ) 取引板での売買なので、仮想通貨に慣れてきた人にオススメ。
F コインチェック いろいろと問題が起きている最中です。

 

ですので、初心者や、長期保有の方には、「GMOコイン」や、「DMM Bitcoin」がオススメです。

 

それに加えて、全ペア取引手数料“ゼロ”キャンペーン中の「ビットバンク」や、「Zaif(ザイフ)」などをプラスして作っておくのが良いかと思います。

 

初心者の方向け取引所@ GMOコイン

GMOコイン
https://coin.z.com/

 

GMOコインは、非常に分かりやすい手数料の体型が特徴です。
口座開設手数料・維持手数料、入出金手数料(円)、入出金手数料(ビットコイン)、仮想通貨の現物売買手数料、仮想通貨FXの取引手数料、すべてが無料です。
金融庁に認可されている、信頼性も非常に高い取引所です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

初心者の方向け取引所A DMM Bitcoin

DMM Bitcoin
https://bitcoin.dmm.com/

 

DMMビットコインは、「株式会社DMM.com」の子会社で、非常に証券会社としての信頼性や実績が高い親会社を持っています。
金融庁に仮想通貨交換業者としての認可もしっかり受けており、セキュリティ面も万全です。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

初心者の方向け取引所B ビットフライヤー

ビットフライヤー
https://bitflyer.jp/
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

ビットフライヤー(bitFlyer)とは、2014年1月に設立された東京の仮想通貨取引所です。
ビットフライヤーはリクルートやGMO、三菱UFJキャピタル、電通デジタルホールディングスなど、日本を代表する大企業から億単位の資金調達を受けています。日本国内の仮想通貨関連サービス企業においてかなり規模の大きな、成長が見込める企業であるといえます。

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ビットコイン取引所比較表

日本の主要取引所一覧
取引所名 日本円出金手数料 ビットコイン出金手数料 詳細
GMOコイン 無料 無料 詳細
ビットフライヤー 216円〜756円 なし 詳細
コインチェック 400円〜756円 0.0005btc 詳細
bitbank 324円 0.0005btc 詳細
zaif 350円〜756円 0.0002btc 詳細
BTCBOX 0.5%(最低400円) 0.001btc 詳細
みんなのビットコイン 500円 無料 詳細
QUOINEX 500円 無料 詳細

ビットコインFX(仮想通貨FX)業者比較表

取引所 取扱通貨 取引手数料 レバレッジ 詳細
GMOコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・リップル

無料 最大5倍
(ビットコインのみ)
詳細
コインチェック ・ビットコイン

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・ダッシュ
・モネロ
・ネム
・イーサリアムクラシック
・リスク
・ジーキャッシュ
・オーガ―
・ファクトム

無料 最大5倍 詳細
ビットフライヤー ・ビットコイン

・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナーコイン
・リスク

無料 最大15倍 詳細
ビットバンク(取引所) ・ビットコイン

・ライトコイン
・リップル
・イーサリアム
・モナコイン
・ビットコインキャッシュ

詳細
ビットバンクトレード ・ビットコイン 0.01% 最大20倍 詳細
みんなのビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
QUOINEX ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・QASH

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
DMMビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・リップル
・ライトコイン
・イーサリアムクラシック
・ビットコインキャッシュ

無料 最大5倍 詳細
ザイフ ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・モナーコイン
・ビットコインキャッシュ

0.7% 最大7.77倍 詳細
ビットポイント ・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム

無料 最大25倍 詳細