ビットコインFX(仮想通貨FX)とは

ビットコインFXの概要

ビットコインFXとは、名前の通りビットコインを利用して行うFX、証拠金取引のことを言います。

 

通常のビットコイン投資は、ビットコインを取り扱う取引所でビットコインを購入し、自分が持っているビットコインの価格が上がれば利益が出て、下がれば損失が出るというシステムです。

 

ビットコインFXでは、レバレッジを使った取引が可能で、取引所にもよりますが、最大で25倍のレバレッジをかけることができます。

 

レバレッジを利用することによって、投資金額よりも大きな額のビットコインを運用することが可能になりますが、その分負うかもしれない損失も大きくなります。
レバレッジ25倍のビットコインFXであれば、獲得できる利益が25倍になりますが、損失も25倍になるという、いわゆるハイリスク・ハイリターンの取引が可能になります。

 

ビットコインFXのメリット

ビットコインFXの1番のメリットは、先ほど紹介したように、自己資金の数倍ものビットコインを取引できるという点です。

 

自分が持っている自己資金が30万円の場合、ビットコインFXで25倍のレバレッジを使って取引すれば、750万円分ものビットコインを取引することが可能です。

 

従って、少ない投資金額で大きい額のビットコインを取引したいという方は、通常のビットコイン投資よりも、上手く売買できれば非常に効率の良い方法だということが分かります。

 

ビットコインFXのデメリット

ただし、ビットコインFXにはデメリットももちろんあります。
むしろ、通常のビットコイン投資にはなくて、ビットコインFXにはあるデメリットを、しっかりと把握しておかなくてはいけません。

 

レバレッジ取引ではないビットコイン取引では、自己資金以上のビットコインを取引することはできない代わりに、元本以上の損失が出ることもありません。

 

しかしビットコインFXは、自己資金以上の取引ができる代わりに、元本割れ(元本を超える損失)が発生する可能性があります。
つまり、自己資金がマイナスになる可能性があるということです。

 

ビットコインFXの基本的な用語

・レバレッジ
自己資金の投資効率を上げるビットコインFXならではの制度で、最大25倍まで自己資金以上の取引が可能になります。

 

・証拠金(必要証拠金)
ビットコインFXを行う代わりに、担保として取引所に預ける資金のことを言います。

 

・ロスカット
損失が大きくなったときに、これ以上の損失が出ないように、取引所によって強制的に執行されるポジションの決済のことを言います。
取引所によって、ロスカットが執行される「証拠金維持率」が異なり、そのパーセンテージを下回ると執行されます。