ビットコインFX(仮想通貨FX)のやり方と、始め方は?

ビットコインFXを始めるには業者を決定し、アカウントを作成する

ビットコインFXを始めることが決まったら、まずはどこの業者のビットコイン取引所を利用するか決定します。
各業者によって、ビットコインFXのルールには違いがあります。
自分に合っている業者、興味がある業者、信頼性がある業者などさまざまな角度から吟味して、決定しましょう。

 

評判と人気が高い業者は、GMOコイン、Coincheck、bitFlyerなどが挙げられます。
利用する業者が決まったら、その会社のビットコインFX取引所のアカウントを作成します。

 

アカウント作成後、取引を開始するまでのルールも、業者によって微妙に違います。
bitFlyerでは、証拠金を入金すれば、すぐにビットコインFX取引を開始することができます。

 

ビットコインFXのやり方

ビットコインFXは、まずポジションを建てるために、ビットコインと通貨のレートを確認しながら、エントリーするポイントを探るところから始まります。

 

注文方法は、価格を指定せずに現在のレートでエントリーする「成行注文」や、価格を指定してエントリーする「指値注文」などがあります。
エントリーしたポイントから価格が上昇すれば利益が出る「ロング」、下降すれば利益が出る「ショート」のどちらかでエントリーをして、その後ポジションの状況を確認します。

 

利益が出ている状態(含み益)で決済注文すれば利益が獲得でき、損失が出ている状態(含み損)で決済注文すれば損失が出るという仕組みです。
含み益をすぐに決済して獲得することを「利食い」といい、含み損を最小限に抑えるためにすぐに決済してポジションを終了させることを「損切り」といいます。

 

ビットコインFXでは、この利食いと損切りのタイミングをいかに冷静に判断できるかが、利益獲得の鍵になってきます。

 

ビットコインFXのメリット、デメリット

ビットコインFXは通常のFXに比べて、相場変動の幅(ボラティリティ)が激しく、変動するポイントを見極めることができれば、大きく利益を獲得できるメリットがあります。

 

また24時間365日取引が可能なので、通常のFXのように市場のオープン時間、クローズ時間を気にする心配がありません。

 

デメリットは、まだまだ流動性が低い取引市場なので、状況によってはなかなか取引が成立しないという点です。
そして、ビットコイン取引所が破綻すると、トレーダーの資産がすべて返却されないという危険性もあります。
2014年、マウントゴックス社という、当時の世界最大手取引所が破綻したという過去もありますので、可能性がないとは言い切れません。

ビットコインFX(仮想通貨FX)業者比較表

取引所 取扱通貨 取引手数料 レバレッジ 詳細
GMOコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・リップル

無料 最大25倍
(ビットコインのみ)
詳細
コインチェック ・ビットコイン

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・ダッシュ
・モネロ
・ネム
・イーサリアムクラシック
・リスク
・ジーキャッシュ
・オーガ―
・ファクトム

無料 最大5倍 詳細
ビットフライヤー ・ビットコイン

・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナーコイン

無料 最大15倍 詳細
ビットバンク(取引所) ・ビットコイン

・ライトコイン
・リップル
・イーサリアム
・モナコイン
・ビットコインキャッシュ

詳細
ビットバンクトレード ・ビットコイン 0.01% 最大20倍 詳細
みんなのビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
QUOINEX ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・QASH

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
DMMビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・リップル
・ライトコイン
・イーサリアムクラシック
・ビットコインキャッシュ

無料 最大5倍 詳細
ザイフ ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・モナーコイン
・ビットコインキャッシュ

0.7% 最大7.77倍 詳細
ビットポイント ・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム

無料 最大25倍 詳細