ビットコインFX(仮想通貨FX)に使う業者の比較ポイントは?

比較するポイント@スプレッド

スプレッドは、ビットコイン相場における買値、売値の差額のことです。
この金額が少なければ少ないほど利益を出しやすく、逆にポジションを持っている間にどんどん広がってしまうと、どんどん利益が出しにくくなります。
スプレッドの金額は、どの業者も通常数百円程度という風に謳っている業者が多く、具体的な数字を出している業者は少ないです。

 

そんな中、大手ビットコインFX業者の「GMOコイン」は、スプレッドが「最安300円」と具体的な数字を出しています。
また相場の状況によって、1,500円、2,500円、5,000円まで広がると、ここでも具体的な数字を出しています。

 

おそらく他の業者も、相場変動によってスプレッドが変化しやすいため、具体的な数字は出していませんが、どの業者も数値は似たようなものです。
GMOコインはスプレッドが円建て表示になっており見やすいので、初心者にはおすすめです。

 

GMOコイン
https://coin.z.com/

 

比較するポイントAレバレッジ

レバレッジは、自分の資金よりも大きな金額の取引を可能にしてくれるシステムです。
大きなレバレッジを利用すると、大きな利益を獲得できるチャンスになりますが、もちろんその分大きな損失のリスクも高くなります。

 

国内でかけられるレバレッジは最大25倍までと定められており、GMOコインは最大レバレッジ25倍を実現している業者の1つです。
しかし近年は、GMOコイン以外にもビットポイント、みんなのビットコイン、QUOINEXなど、最大25倍のレバレッジを利用できる業者が増えました。

 

レバレッジが多く利用できる業者が、必ずしも人気が高いというわけではありません。
しかしある程度、ビットコインFXに使用する金額が決まっている方であれば、その業者でかけられるレバレッジの最大値を把握しておくことは重要です。

 

みんなのビットコイン
https://www.min-btc.com/

 

QUOINEX
https://ja.quoinex.com/

 

比較するポイントB追証の有無

追証(マージンコール)がある業者では、証拠金の残金が一定の金額を下回ると、証拠金を追加しないといけません。

 

追証がない業者では、追証に対する証拠金維持率が設定されていないので、ポジションが強制決済(ロスカット)される維持率までの間は、気にせずに取引が行えます。

 

また追証ありの業者でトレードを行っていると、投資元本以上の損失を被る可能性がありますが、追証がない業者にはそれがないので、ビットコインFX初心者の方は、まず追証なしの業者を選ぶのが得策と言えます。

 

スプレッドが狭く、高いレバレッジを利用できる、追証のない業者を選ぶのが、最も無難な業者の選び方です。

ビットコインFX(仮想通貨FX)業者比較表

取引所 取扱通貨 取引手数料 レバレッジ 詳細
GMOコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・リップル

無料 最大25倍
(ビットコインのみ)
詳細
コインチェック ・ビットコイン

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・ダッシュ
・モネロ
・ネム
・イーサリアムクラシック
・リスク
・ジーキャッシュ
・オーガ―
・ファクトム

無料 最大5倍 詳細
ビットフライヤー ・ビットコイン

・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナーコイン

無料 最大15倍 詳細
ビットバンク(取引所) ・ビットコイン

・ライトコイン
・リップル
・イーサリアム
・モナコイン
・ビットコインキャッシュ

詳細
ビットバンクトレード ・ビットコイン 0.01% 最大20倍 詳細
みんなのビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
QUOINEX ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・QASH

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
DMMビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・リップル
・ライトコイン
・イーサリアムクラシック
・ビットコインキャッシュ

無料 最大5倍 詳細
ザイフ ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・モナーコイン
・ビットコインキャッシュ

0.7% 最大7.77倍 詳細
ビットポイント ・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム

無料 最大25倍 詳細