ビットコインFX(仮想通貨FX)のレバレッジとは?

レバレッジは自己資金よりも大きな取引ができる

ビットコインFXでは、レバレッジをかけることによって、自分が持っている資金より大きい取引が可能になります。
業者によって異なりますが、最大で25倍のレバレッジをかけることが可能で、1,000円で25倍のレバレッジをかけて取引すれば、250,000円分の取引が可能になります。

 

ビットコインFXは、現物取引ではありませんので、手元にビットコインがなくても、売りポジションからスタートすることができます。
レバレッジを利用して売りからスタートし、金額が上昇して買い戻せば、手元に何もない状態から、大きな利益を獲得できる可能性もあります。

 

「GMOコイン」は、最大25倍のレバレッジをかけることが可能な業者です。
通常のFXも、日本国内の最大レバレッジは25倍ですが、ビットコインFXの方がボラティリティが大きい取引なので、ビットコインFXの25倍の方が、圧倒的に大きな数字だと言えます。

 

業者によってビットコインFXの取引種類が違う

取引業者によって、ビットコインFXは、取引の種類が異なります。
先ほどのGMOコインの場合、取引種類が「FX」に該当しているため、レバレッジの最大値も通常のFXと同じ、25倍に設定されています。

 

しかし、ビットコインFXの取引種類が「FX型、先物型」となっている「bitFlyer」の最大レバレッジは15倍で、「信用取引」の「Coincheck」は最大レバレッジが3倍、または5倍となっています。

 

レバレッジ取引をする上で注意すること

レバレッジは、最大値が高い業者を選択して、レバレッジ最大で常に取引すればいいというわけではありません。
レバレッジを利用すれば、大きな利益を獲得できる可能性はありますが、同時に大きな損失が出る可能性もあります。

 

通常のFXと同じような感覚で、ビットコインFXを行っていると、一瞬で多額の損失を負ってしまう可能性があるので、資金繰りには十分気を付けましょう。

 

ビットコインFXは、通常のFXに比べて非常にボラティリティが高いです。
先ほど、通常のFXに比べて、ビットコインFXのレバレッジ25倍は圧倒的に大きい数字という話をしました。
それは何を意味しているかと言うと、同じ25倍でもボラティリティの大きさに差があるため、「圧倒的な利益」のチャンスに出くわすこともあれば、「圧倒的な損失」のピンチにも出くわすことがあるということです。

 

もし大きなレバレッジを使って大きな含み益が出たときは、すぐに冷静な判断をして、利食いをするように心がけましょう。

ビットコインFX(仮想通貨FX)業者比較表

取引所 取扱通貨 取引手数料 レバレッジ 詳細
GMOコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・リップル

無料 最大25倍
(ビットコインのみ)
詳細
コインチェック ・ビットコイン

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・ダッシュ
・モネロ
・ネム
・イーサリアムクラシック
・リスク
・ジーキャッシュ
・オーガ―
・ファクトム

無料 最大5倍 詳細
ビットフライヤー ・ビットコイン

・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナーコイン

無料 最大15倍 詳細
ビットバンク(取引所) ・ビットコイン

・ライトコイン
・リップル
・イーサリアム
・モナコイン
・ビットコインキャッシュ

詳細
ビットバンクトレード ・ビットコイン 0.01% 最大20倍 詳細
みんなのビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
QUOINEX ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・QASH

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
DMMビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・リップル
・ライトコイン
・イーサリアムクラシック
・ビットコインキャッシュ

無料 最大5倍 詳細
ザイフ ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・モナーコイン
・ビットコインキャッシュ

0.7% 最大7.77倍 詳細
ビットポイント ・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム

無料 最大25倍 詳細