ビットコインFX(仮想通貨FX)でロスカットされにくい業者とは?

ビットコインFXのロスカットとは?

ロスカットは、ビットコインFX取引の「強制終了」を指す言葉です。
注文を出し、ポジションを持っているトレーダーに含み損が出ている場合、その金額が一定の割合まで到達したら、強制的にポジションが終了されます。

 

これは、トレーダーがこれ以上の損失を負わないように、取引所によってストップがかけられるということです。

 

ロスカットが執行される一定の割合を「ロスカットレベル」といい、証拠金維持率のパーセンテージによって判断されるような仕組みになっています。
ロスカットレベルは取引所によって異なり、例えば証拠金維持率の50%がロスカットレベルの取引所であれば、50%を切った時点でポジションが強制終了されます。

 

ロスカットされにくい業者とは?

ビットコインFXにおける「ロスカットされにくい業者」とは、基本的に「ロスカットレベルが低い業者」です。

 

例えばビットバンクトレードは、証拠金維持率が20%を下回ったらロスカットが執行されるようになっています。
さらにビットバンクトレードは、証拠金の追加を促す追証もありませんので、極端に言えば証拠金維持率が20%を下回るまで、ノンストップでビットコインFX取引が行えます。

 

さらに、ビットバンクトレードは、日にちをまたいでトレードする場合(ロールオーバー)でも、ビットコインの借入手数料が無料です。
これは、すべての取引所の中でビットバンクトレードだけです。

 

GMOコインのように、利用するレバレッジによって細かくロスカットレベルが設定されている業者もあります。
GMOコインでは、レバレッジが5倍の場合はロスカットレベルが証拠金維持率の75%、15倍なら80%、25倍なら85%と、取引の額が大きくなるほど、ロスカットレベルは厳しくなります。

 

ビットバンク(bitbank)
https://bitcoinbank.co.jp/

 

GMOコイン
https://coin.z.com/

 

ロスカットレベルが低い業者を利用していれば安全?

先ほど、ロスカットレベルが低い業者はロスカットされにくいという話をしました。
しかし、「ロスカットレベルが高い業者がロスカットされやすい」ということではありません。

 

ロスカットレベルが70%、80%という業者の場合、最初から強くロスカットを意識しやすくなるため、簡単に無計画なトレードをする可能性が減ります。

 

逆に、ロスカットレベルが低い業者でも、あまりに無計画な取引をし続けていれば、気付いたらロスカットレベルまで到達していたという状況にもなりかねません。

 

ロスカットはあくまで、損失を増やさないための「最終手段」なので、基本的にはその水準に到達してはいけないと考えながら、取引を行うことが大事です。

ビットコインFX(仮想通貨FX)業者比較表

取引所 取扱通貨 取引手数料 レバレッジ 詳細
GMOコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・リップル

無料 最大25倍
(ビットコインのみ)
詳細
コインチェック ・ビットコイン

・イーサリアム
・リップル
・ビットコインキャッシュ
・ライトコイン
・ダッシュ
・モネロ
・ネム
・イーサリアムクラシック
・リスク
・ジーキャッシュ
・オーガ―
・ファクトム

無料 最大5倍 詳細
ビットフライヤー ・ビットコイン

・イーサリアム
・イーサリアムクラシック
・ライトコイン
・ビットコインキャッシュ
・モナーコイン

無料 最大15倍 詳細
ビットバンク(取引所) ・ビットコイン

・ライトコイン
・リップル
・イーサリアム
・モナコイン
・ビットコインキャッシュ

詳細
ビットバンクトレード ・ビットコイン 0.01% 最大20倍 詳細
みんなのビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
QUOINEX ・ビットコイン

・イーサリアム
・ビットコインキャッシュ
・QASH

無料〜0.25% 最大25倍 詳細
DMMビットコイン ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・リップル
・ライトコイン
・イーサリアムクラシック
・ビットコインキャッシュ

無料 最大5倍 詳細
ザイフ ・ビットコイン

・イーサリアム
・ネム
・モナーコイン
・ビットコインキャッシュ

0.7% 最大7.77倍 詳細
ビットポイント ・ビットコイン

・ビットコインキャッシュ
・イーサリアム

無料 最大25倍 詳細